ホームページの集客に必要なSEO対策をプロが代行してくれます!
有名検索エンジンへの代理登録や自動で被リンクを増やすなどいたれりつくせり。
アクセス解析はサイトの売りと欠点を教えてくれるので、是非利用して下さい。
■ サービス一覧

■ サイト運営
■ 相互リンク
■ トップページ

■ 提携サイト
トップページ → 士業特化型ホームページ制作
サービス詳細
士業WEB研究所
ジャンルホームページ制作
商品名士業特化型ホームページ制作
商品種別ホームページ制作
価格66,800円
無料利用期間無し
特別な業界だけに特化したホームページ制作です
内容士業は特殊な業界です。飲食店や雑貨屋さんなど一般のお店との一番違いとは何でしょうか?それは、士業は「お店が集客してくれない」ということです。リッチの良さではクライアントは来ません。
では、どうすれば新たなクライアントとの接点ができるのか。その答えが、「士業特化型ホームページ」です。
特に「税理士」「弁護士」「司法書士」に特化しています!!
 
士業ホームページに関する口コミ情報

1.税理士、社会保険労務士、行政書士などの士業として独立開業をされて いる方にお伺いします。 自分の事務所のホームページを作る場合、何十万円もかけて業者に委託 してもらう必要があるのでしょうか? また、その他にも、事務所を運営していく上で、なければいけないもの あったほうが良いものがあれば、教えてください。 よろしくお願いいたします。

2.結婚相談所を理不尽な理由で強制退会させられたのですが、裁判や消費者センターに訴えて勝訴できる見込みはありますか? 1年近く休会していた結婚相談所(大手結婚相談所本部の加盟店)での婚活を再会しようと結婚相談所本部管理のホームページ内のメールで連絡したところ、 相談所「ありがとうございます!本部から自撮りは良いけど修整した写真は使用不可の通達がきました。今、使用している写真と身分証の写真を比べると修正されてるように見えるので、撮り直して下さい。その写真を送信してから月会費を振り込んで下さい。」という返事がきたので、カラコンつけてるのと、つけてないだけの写真だったのですが、いちいち反論するのも面倒なので「もう一度、自撮り写真を撮り直して送信して、それでも使用不可なら、この相談所は退会しよう」と決意して、写真を送信しようと思いましたが、相談所のメールアドレスをすっかり忘れていて、 私「わかりました。自撮り写真を送信して、使用可能なら月会費を振り込むので、写真を送信するアドレスを教えていただけますか?」とホームページ内のメールで送信したものの、24時間近く返事がないので、ホームページ内のメールとその相談所の仲人の携帯に「届いてますか?」とメールしたところ、 相談所「こんにちは。以前にやり取りしていたこちらのアドレスに送信して下さい」という返事に唖然としました。 返事が遅くなって迷惑かけてるくせに謝罪もないのと、わざわざ「以前にやり取りしていた」とか余計な一言を付け加えてくる性格の悪さにむかつきました。 それで、ホームページ内のメールと、その相談所のアドレス2カ所に、このように返事しました。 私「こんにちは。 ○○○○です。 返信がかなり遅くなって迷惑をかけているにも関わらず、謝罪の一言が全くないこと、アドレスだけ教えればいいのに、「以前やり取りしていたアドレス」など、余計な一言が多いこと人として、どうなんですか? 写真送る気も無くしました。」 また、24時間返事がなかったので、 本部に 「●●結婚相談所の▲▲さんにメールを送信しましたが、24時間経っても返事がないので、連絡お願いします。」とメールをしたら、相談所に連絡をしたとの返事があり、その後すぐに相談所から返事がありました。 相談所「○○○○様 返信を要求するメールではなかったのでメールを返しておりませんでしたが、本部を通して返信の要求をされたようですのでご連絡いたします。 まず仲人と会員の立場をご理解いただいていないようですのでご説明いたします。 仲人と会員はいわゆる店員とお客様の関係ではありません。 私たちは結婚を押し売りしているわけではないんです。 結婚を望む会員に対して、お手伝いいたしますということです。 ですから会員に入会や活動をこちらからお願いしたりしませんし、会員のお世話をするかどうかは仲人が決めることです。 仲人がオススメできる会員を仲間の仲人に紹介するシステムですから、当然オススメ出来ない会員は紹介出来ません。 会員の皆さんは仲人のことを先生と呼んでいます。 仲人士は国家試験があるわけではありませんが、士業は通常先生と呼びます。 お金を払ってお世話をお願いするからですよね。 お金を払ったんだから上の立場に立てるというわけではないことをご理解ください。 以上を踏まえて、仲人にメールの返信が遅いと苦情を言ったり、謝罪要求をするような会員をお相手にオススメすることは出来ません。 誠に残念ではございますが、入会申込書の第◇条および第◆条により会員番号◎◎の○○○○を強制退会といたします。 ●●結婚相談所 ▲▲ 私の名前を呼び捨てにしてるし。 返事が遅くなって迷惑かけてるくせに、私が正論を述べただけで謝罪もせずに強制退会させられるとか理不尽すぎることと、私のメール内容で?をつけてるのに「返信を求められてないから返信しなかった」と悪態をつかれたのがむかついたのと、入会申込書に記載されている第◇条と第◆条を見ると、今回の件と全く関係ない内容で意味不明だったので、本部に 「●●結婚相談所の▲▲さんから強制退会のメールが届きました。 後に、転送します。 入会申込書の第◇条と第◆条を見ても意味がわからないのですが、どういう意味でしょうか? また、▲▲さんからの返信が遅くて迷惑がかかっているのに、苦情を言っただけで強制退会までさせられなければいけないのでしょうか?」というメールと相談所からの上記の強制退会のメールを転送しましたが、ずっと返事がありません。 結婚相談所の会員は奴隷にならなきゃいけないということですか? あまりにも酷すぎませんか? このままだと気が済みません。 何か、こちらが有利になるようにできませんか?

3.結婚相談所を理不尽な理由で強制退会させられたのですが、裁判や消費者センターに訴えて勝訴できる見込みはありますか? 1年近く休会していた結婚相談所(大手結婚相談所本部の加盟店)での婚活を再会しようと結婚相談所本部管理のホームページ内のメールで連絡したところ、 相談所「ありがとうございます!本部から自撮りは良いけど修整した写真は使用不可の通達がきました。今、使用している写真と身分証の写真を比べると修正されてるように見えるので、撮り直して下さい。その写真を送信してから月会費を振り込んで下さい。」という返事がきたので、カラコンつけてるのと、つけてないだけの写真だったのですが、いちいち反論するのも面倒なので「もう一度、自撮り写真を撮り直して送信して、それでも使用不可なら、この相談所は退会しよう」と決意して、写真を送信しようと思いましたが、相談所のメールアドレスをすっかり忘れていて、 私「わかりました。自撮り写真を送信して、使用可能なら月会費を振り込むので、写真を送信するアドレスを教えていただけますか?」とホームページ内のメールで送信したものの、24時間近く返事がないので、ホームページ内のメールとその相談所の仲人の携帯に「届いてますか?」とメールしたところ、 相談所「こんにちは。以前にやり取りしていたこちらのアドレスに送信して下さい」という返事に唖然としました。 返事が遅くなって迷惑かけてるくせに謝罪もないのと、わざわざ「以前にやり取りしていた」とか余計な一言を付け加えてくる性格の悪さにむかつきました。 それで、ホームページ内のメールと、その相談所のアドレス2カ所に、このように返事しました。 私「こんにちは。 ○○○○です。 返信がかなり遅くなって迷惑をかけているにも関わらず、謝罪の一言が全くないこと、アドレスだけ教えればいいのに、「以前やり取りしていたアドレス」など、余計な一言が多いこと人として、どうなんですか? 写真送る気も無くしました。」 また、24時間返事がなかったので、 本部に 「●●結婚相談所の▲▲さんにメールを送信しましたが、24時間経っても返事がないので、連絡お願いします。」とメールをしたら、相談所に連絡をしたとの返事があり、その後すぐに相談所から返事がありました。 相談所「○○○○様 返信を要求するメールではなかったのでメールを返しておりませんでしたが、本部を通して返信の要求をされたようですのでご連絡いたします。 まず仲人と会員の立場をご理解いただいていないようですのでご説明いたします。 仲人と会員はいわゆる店員とお客様の関係ではありません。 私たちは結婚を押し売りしているわけではないんです。 結婚を望む会員に対して、お手伝いいたしますということです。 ですから会員に入会や活動をこちらからお願いしたりしませんし、会員のお世話をするかどうかは仲人が決めることです。 仲人がオススメできる会員を仲間の仲人に紹介するシステムですから、当然オススメ出来ない会員は紹介出来ません。 会員の皆さんは仲人のことを先生と呼んでいます。 仲人士は国家試験があるわけではありませんが、士業は通常先生と呼びます。 お金を払ってお世話をお願いするからですよね。 お金を払ったんだから上の立場に立てるというわけではないことをご理解ください。 以上を踏まえて、仲人にメールの返信が遅いと苦情を言ったり、謝罪要求をするような会員をお相手にオススメすることは出来ません。 誠に残念ではございますが、入会申込書の第◇条および第◆条により会員番号◎◎の○○○○を強制退会といたします。 ●●結婚相談所 ▲▲ 私の名前を呼び捨てにしてるし。 返事が遅くなって迷惑かけてるくせに、私が正論を述べただけで謝罪もせずに強制退会させられるとか理不尽すぎることと、私のメール内容で?をつけてるのに「返信を求められてないから返信しなかった」と悪態をつかれたのがむかついたのと、入会申込書に記載されている第◇条と第◆条を見ると、今回の件と全く関係ない内容で意味不明だったので、本部に 「●●結婚相談所の▲▲さんから強制退会のメールが届きました。 後に、転送します。 入会申込書の第◇条と第◆条を見ても意味がわからないのですが、どういう意味でしょうか? また、▲▲さんからの返信が遅くて迷惑がかかっているのに、苦情を言っただけで強制退会までさせられなければいけないのでしょうか?」というメールと相談所からの上記の強制退会のメールを転送しましたが、ずっと返事がありません。 結婚相談所の会員は奴隷にならなきゃいけないということですか? あまりにも酷すぎませんか? このままだと気が済みません。 何か、こちらが有利になるようにできませんか?

4.昨日、ADHDと診断されてショックを受けています。 作動記憶と処理速度が遅いのはわかりますが、混乱していてその他の数字が入ってきません。 詳しい方に見て頂き、数字的にどうなのかご意見をお聞きしたいです。 宜しくお願いします。 【WAIS-III】 言語性 101 動作性 113 全検査 107 言語理解 111 知覚統合 116 作動記憶 74 処理速度 97 ??30代の男です。 ??今まで、大学受験にも失敗して希望校に入れず、新卒の金融機関も約7年で退職してます。 一念発起して、社会保険労務士を取得しましたが、事務所の仕事についていけず、事務所の先輩からADHDを指摘されて今回検査を受けました。 色々なホームページ等でADHDには士業全般は向いていないと書かれていて、ひどく落胆しております。 将来の展望も何もかもが崩れ去っています。 やはり、他の職を探したほうがいいのか迷っています。 皆様の幅広いご意見をお聞きしたいので、是非多方面からご意見を頂ければと思っております。 改めて宜しくお願いします。 初めての質問なので不備等がありましたらお詫びします。

5.士業系(隣接法律専門職)の無料ホームページ作成サイトはありますか?WIXには、ないみたいです。

6.弁護士、司法書士、税理士のHPで、 書類の作り方やこんな時法律ではこうなる。 自分の経験した事案ではこのように処理をしたとかを事細かに得意げに書いたブログやホームページを見かけます。 さて、最近の傾向として、何にも知らない素人がホームページやブログの記載をそのままパソコンで打ち直して申請をして受理されて、専門家がやっている仕事をあんなもの簡単、だれでもできると得意げに言ってる人をよく見かけます。 専門家の人はなんで士業全体的にも自分の仕事的にも一件減るようなことを得意げにしてるのですか? こんなところで法律相談をまともに回答してたらその仕事の価値もなくなりますよね? かといってそういう人たちに何か感謝されることもないし。逆に素人に舐められる、資格の価値を下げてると思いませんか?

7.私は行政書士の仕事に興味をもっています。 行政書士さんのホームページを見ていると、 それぞれの強みを出すために、それぞれの事務所が個性を出しています。 私は、不動産業に興味があるので、宅建業許可や土地関係、 不動産調査などを業務として取り扱いたいのですが、まだ行政書士の勉強をしていないので、わからないことがあります。 それは、どこかの行政書士事務所で、マイホームサポート(住宅ローン相談や新築相談、ライフプランニング)をしている方がいらっしゃったのですが、それらは行政書士の独占業務なのでしょうか。 また、ライフプランニングは、ファイナンシャルプランナーの資格がなくても、行政書士の資格で、他士業の業務を犯さない限り、認められているのでしょうか。

8.「相談は無料」 よく士業のホームページなんかを拝見すると必ずと言って良いほど書いてあります。 確かに日本の風習として、フィーを取りにくい部分だと思うのですが、そもそも士業というものは、自らの知識が商品なわけですよね? であるのに、相談業務を無料化してしまうと、商品をタダで提供している事になります。 難しい国家試験を場合によっては10年以上かけて取得し、晴れてプロになったのに、その知識が貨幣価値のないものはずはないと思うでなりません。 カウンセラーや占い師はきちんと料金を徴収しています。 なぜ 士業は相談を無料にするのでしょうか?

9.非税理士に対する名義貸しの禁止でホームページに提携税理士など掲載されていると疑惑を招いては危ないのでしょうか?? 瓜田に履を納れず、李下に冠を正さずとも言われます。 あえて非税理士の業者や行政書士のホームページに提携税理士など 何時税理士会の綱紀監察部・綱紀委員会や国税局の税理士管理官に非税理士の名義貸し税理士との疑惑もたれるかもしれないのでしょうか??????? http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26HO237.html (脱税相談等の禁止) 第三十六条 税理士は、不正に国税若しくは地方税の賦課若しくは徴収を免れ、又は不正に国税若しくは地方税の還付を受けることにつき、指示をし、相談に応じ、その他これらに類似する行為をしてはならない。 (信用失墜行為の禁止) 第三十七条 税理士は、税理士の信用又は品位を害するような行為をしてはならない。 (非税理士に対する名義貸しの禁止) 第三十七条の二 税理士は、第五十二条又は第五十三条第一項から第三項までの規定に違反する者に自己の名義を利用させてはならない。 第五十九条 次の各号のいずれかに該当する者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 一 税理士となる資格を有しない者で、日本税理士会連合会に対し、その資格につき虚偽の申請をして税理士名簿に登録させたもの 二 第三十七条の二(第四十八条の十六において準用する場合を含む。)の規定に違反した者 三 第三十八条(第五十条第二項において準用する場合を含む。)又は第五十四条の規定に違反した者 四 第五十二条の規定に違反した者 2 前項第三号の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。 26年度税制改正大綱に基づいて、税理士 法に名義貸しの禁止が明示され、違反した 者には2年以下の懲役または100万円以 下の罰金が科されることとなった。弁護士 法、弁理士法などそれぞれの法で名義貸し を禁止する規定を定めている他士業と合わ せる形での明文化であったとも言える。法 案は3月末までに成立する見通しで、罰則 規定は27年4月1日以後に行った行為か ら適用される 懲戒処分関連では、「税理士業務の停止」が「1年以内」から「2年以内」に延長された。税理士法37条「信用失墜行為の禁止」の2として「非税理士に対する名義貸しの禁止」が設けられ、違背行為をした税理士に対する処分が明確化された。